ブログ

命式の中の守護神と忌神

いま【調候の守護神】について

 

 

自分の生まれた日干&月支の

季節から導き出す

 

宿命を稼働させるのに

必要な要素=守護神なのですが

逆に、もうそんなに要らない要素を忌神といいます

守護神がある方もいらっしゃれば

忌神しかない方もいらっしゃるんですが

命式に忌神がある人の簡単な特徴をお伝えしますね

 

 

平穏なところで能力を発揮するよりは

動乱の中でたくましく生き延びる

 

目立たない分野で活躍

人の真似するのが向いてなくて

人がしたことない新しいことをすると

活躍できる

 

自分の中に安らぎがない

などの宿命があります

逆に調候の守護神が命式にある人は

 

世の中の注目を集めやすくて
世のなかで注目される世界で活躍できる!

新しいものを開拓するよりは

今あるものの中でやるのが向いてる
ちゃんと心にブレーキがかけられる人で

平和な状態だと

宿命を稼働しやすいのですheart+kira*

そんな、算命学の鑑定もやってる

しろめねこしろめねこあなたに還るセッション詳細はこちらからです

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP